カードローンの限度額の増額方法

金利カードローンを新規契約したときには限度額は低めにされることが多いため、そのままでは不便に感じることもあります。このような場合、増額の申し込みをすれば限度額を引き上げられ、金利も下げることができます。ただし、これには審査が必要になり、落ちてしまうこともあります。
確実に通るようにするには、利用している金融機関から勧誘が来るのを待ってから申し込んだ方が良いです。返済の遅延などの問題を起こさずにキャッシングを続けていれば優良顧客と認められ、今よりも高額の融資を行っても問題は起きないと判断されるので、このタイミングであれば落ちることはほぼありません。なお、勧誘が来ていないと申し込んでも落ちてしまうということではないので、十分な利用実績があると感じているのであれば申し込んでみましょう。
カードローンの増額の際に注意しなければならない点として、消費者金融の場合は総量規制の対象になるので、他社と合わせて年収の3分の1までが引き上げられる金額の限度になります。既にそこまで借りてしまっている場合、短期間に収入を上げるのは難しいため、優先度の低い業者の限度額を引き下げたり、解約するなどして空きを作っておかなければなりません。銀行であれば総量規制の対象外なので高額の借り入れができますが、無条件にいくらでも融資を受けられるものではなく、返済能力に不釣り合いな融資は断られます。そのため、銀行の場合でも高額の融資を希望する際は、それに見合う収入が必要になります。