ローン審査が通らない場合の原因とは?

借金お金が足りなくなった時には消費者金融や銀行などを使ってキャッシングやカードローンの申請を行うと便利です。特にカードローンは一枚の個人カードを発行することで、いつでも好きなタイミングでATMを訪れて借入や返済を行うことのできる優れもの。申し込んだその日に即日審査、即日融資が可能なのも魅力の一つと言えるでしょう。

しかしこの金融サービスを契約する上では然るべき審査を通過することが条件となります。最短30分で完了するこの審査ですが、幾つかの点を踏まえていないと通らないケースも多いもの。中でもまず信用情報機関への照会を通じて過去の借金をチェックされますので、もしも返済が遅れたり、あるいは返済不能に陥った履歴があると通過が困難となります。また、現時点における他社からの借金に関してもそれが多重債務になっていたり、その総額が総量規制に抵触するような場合には通過が困難になる可能性が高まることでしょう。

さらに勤務先への在籍確認も行われます。申請時に記載した勤務先の代表番号に電話をかけ、申請者本人への通話の取り次ぎを依頼した上でどのような応対を受けるかによってその人の勤務実態の有無を確認するわけです。もしもこれにて確たる勤務実態の確認が得られない場合にも通過が難しくなります。

いずれの場合にしてもその詳細は各社によって大きく異なります。サービスによっては在籍確認を他の方法に置き換えることも可能ですので、ネットの体験談などを参考にして自分にとって最適の借入先を見つける必要があるでしょう。